エンジェルアップ 成分

エンジェルアップに含まれる成分って?新配合でパワーアップ

 

エンジェルアップ

エンジェルアップは、2015年10月に大幅に中身がリニューアルされ、配合成分が増えました。

 

 

こちらでは、新たに配合された成分、および、もともと配合されている成分についても一覧でお知らせします。

 

 

 

エンジェルアップ

新エンジェルアップになって変わった点は、

 

 

もともと配合していた主成分であるプエラリアミリフィカがより吸収率の高い「発酵プエラリア」になったこと。

 

 

さらに、胸によいとされる8つの成分が新たに配合されました。

 

 

エラスチン

エラスチンは、コラーゲンの線維を支える線維で、年齢とともに減少していき、しわの原因となります。

 

胸にもエラスチンは存在していますが、これが減少するにつれて、垂れ乳となっていくので、早い段階から補っておくことでハリが維持できますし、ハリがなくなってきたバストに対してはハリを取り戻す効果もあるそうです。

 

 

キャベツ末

キャベツに含まれるボロンがバストアップに効果があるといわれています。

 

 

ワイルドヤム乾燥エキス

ワイルドヤムは、排卵日から生理まで多く分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促す成分で、人によっては、卵胞期にプエラリアを、黄体期にワイルドヤムをと、飲み分けている人もいます。

 

 

マカ末

マカは、亜鉛や鉄分が女性ホルモンの分泌を促し、ビタミンEが活性酸素を除去して血流を促し、アルギニンが成長ホルモンの分泌を促し、リジンがコラーゲンの生成を促進します。

 

 

フェヌグリーク

フェヌグリークは女性ホルモンの分泌を促し、バストアップに効果があります。海外では母乳サプリの成分として扱われているそうです。

 

 

レッドクローバーエキス

レッドクローバーは、大豆の10〜20倍のイソフラボンを含んでいます。バストアップだけでなく、生理不順の改善や更年期障害の改善などにも効果が見込めます。

 

 

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは、体内の女性ホルモンのバランスを整える役割があり、女性ホルモンが少ない時にはその量を補い、女性ホルモンが多い時には体内の女性ホルモンと結びついて、過剰分の効果を打ち消します。

 

 

チェストツリーエキス

チェストベリーともいわれますが、プロゲステロンの分泌を促進することで、エステロゲロンとの分泌バランスを整えます。

 

 

 

新たに加わった8種の成分で、プエラリアミリフィカを飲むことによるホルモンバランスを整える効果を見込んでいるのですね。

 

 

今までの成分は以下のものになりますが、プエラリア、真珠末、ハトムギについては、別ページにて解説しています。

 

プエラリアミリフィカ、ハトムギ、ジャムウ・エムボン、コラーゲン加水分解物、サメ軟骨抽出物、ローヤルゼリー、ザクロ種子エキス、ヒアルロン酸、プラセンタエキス、真珠末、セルロース、ショ糖エステル、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、ビタミンD3、ビタミンB12

 

 

angelup

 

 

 

関連ページ

プエラリアの効果とは?

 

真珠末の効果とは?

 

ハトムギの効果とは?

 

エンジェルアップがなぜ選ばれるのか

 

ピュアプエラリアとエンジェルアップ|どっちが良い?

 

 

 

 

トップページへ