バストアップ ラクトゲン受容体

バストアップにはラクトゲン受容体が欠かせない?

 

エンジェルアップ

女性は第二次性徴の始まりと共に胸が大きくなる人がいる一方で、胸が大きくならない人もいます。

 

 

これには、乳腺に第二次性徴以降に出来上がるラクトゲン受容体と成長ホルモンが大きく関係しているといわれています。

 

エンジェルアップ

 

別ページで説明する睡眠、食生活、運動など、自身の努力で胸を大きくすることができるのは確かですが、それも、このラクトゲン受容体の存在なしには効果は現れません。

 

 

エンジェルアップ

ラクトゲン受容体の出現時期には個人差があり、おおよそ、10代〜30代の前半までの間にラクトゲン受容体が出現すると考えられています。しかし、その時期を特定することは現在のところできない状態です。

 

 

10代〜20代の前半にラクトゲン受容体が乳腺に出来上がる人は、日常生活において十分な成長ホルモンと女性ホルモンが分泌されているため、

 

 

外部よりホルモン物質を取り入れなくても生活習慣を見直すだけで十分にバストアップは可能であると考えられています。

 

 

しかし、20代中盤から30代にかけてラクトゲン受容体が出来上がる人は、いくら10代、20代前半でバストアップのための努力をしてもそもそも育つ土壌が出来上がっていないので胸が大きくなることはありません。

 

 

エンジェルアップ

逆に、10代、20代の時期にバストアップの努力をしていて全く実っていなくても、20代後半に入ってから急にバストが大きくなる人もいます。

 

 

こういう人は、その時期に入ってラクトゲン受容体ができたと考えるのが適切なのかもしれません。

 

 

もしある時期にバストアップのための努力をしてみてイマイチ効果がないようでしたら、数年程度はバストが小さいことを気にせず放っておいた方が良いかもしれません。

 

 

数年待ってまたバストアップにチャレンジしたら突然大きくなるかもしれませんね。

 

 

 

関連ページ

バストアップに睡眠が欠かせない?|睡眠が果たす役割はコレ

 

エンジェルアップの知恵袋での評判は?

 

プエラリアサプリで安いものを全て紹介します。

 

橋本甜歌(てんちむ)のバストアップを支えたエンジェルアップ

 

エンジェルアップは楽天で買うよりこちらがお得

 

 

 

 

トップページへ