バストアップ 乳腺

バストアップには乳腺の発達が必要なの?

 

バストの発達には乳腺が必要かという解説をする前に、そもそもバストって何からできているの?という話からしていきたいと思います。

 

 

バストは以下のものからできています。

 

エンジェルアップ

乳腺

 

脂肪

 

クーパー靭帯

 

大胸筋

 

 

バストを大きくするには、3通りの方法があります。

 

 

1.大胸筋を鍛える

 

2.体中の脂肪を集めてくる

 

3.乳腺を育てる

 

 

エンジェルアップ

この中で、女性らしいバストを作り上げるためには、乳腺を育てることが必要です。

 

 

乳腺を発達させると、乳腺を守るために脂肪がついてきます。

 

 

乳腺は母乳を作りだす器官であり、妊娠すると女性ホルモンの分泌が活発になって乳腺が発達するため、それに伴い脂肪もついてきてバストが大きくなります。

 

 

第二次性徴期におけるバストアップは、卵巣の発達により女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが多く分泌されるようになり、それらがバストに届いて乳腺が発達することにより起こります。

 

 

そこでバストが大きくなる人とそうでない人の差は、成長ホルモンが多く分泌されているかどうか、ラクトゲン受容体が出現しているかどうかの差によります。

 

 

成長ホルモンが多く分泌されているかいないかの差によりバストの成長度に差が出るということの真偽は、バストアップに睡眠が欠かせない?をご覧ください。

 

 

 

関連ページ

10代・20代で胸を大きくする方法|少しの意識で巨乳になれる?

 

エンジェルアップの飲み方|これが一番効果的!

 

レディーズプエラリア99%とエンジェルアップ どっちが良い?

 

エンジェルアップを使っている芸能人のブログ紹介

 

エンジェルアップを激安価格で購入する方法

 

 

 

 

トップページへ